下北沢のシンガーソングライター東京ゾンビのブログ。

仕事と音楽のバランス感覚を喪失しながら、
半体制半オルタナティブなマインドで音楽を鳴らす。
ギター弾き語り〜打ち込みまで日々実験中。

*各種ライブ/DJ/楽曲提供依頼等受付中。詳しくはWEBを。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 猛暑の中「黄昏 IN THE SKY」PV撮影 | main | ECDドキュメンタリーNHK「こころの時代〜宗教・人生〜 『個』として生きる」を見て >>
下北沢ラプソディー 東京ゾンビ「黄昏 IN THE SKY」公開にあたって

7月の3連休の暑い中、撮影を行なった、

東京ゾンビ初アルバム収録の「黄昏インザスカイ」のPVがついに公開されました。


ぼんやり家に帰ると、謎の少女にギターを盗まれ、下北沢の街を駆け抜ける!

その先に待っているのは!、、、黄昏 IN THE SKY!

 

【黄昏 IN THE SKY PV制作にあたって】

レコーディングに関しては、飲み仲間であり、信頼できる音楽仲間であるWEEHICKSのmskzさんにギターを依頼。また、そのつてで東京ゾンビを知り、肯定してくれた池ノ上のおしゃれBAR-KOTOBUKIのnaoさんにベースを依頼。そして、下北沢来て間も無く仲良くなった、今はつくばの美容室ARTISANALで働く野村くんにコーラス参加を遠いのにお願いし、さらに、"東京に爪痕を残したい"と口癖のニッキーさんに"ならやりますか"と、勢いでドラムをお願い、バンド編成に至る。

結果、今まで完全孤立作業だった音楽ですが、そんなフレーズあるのかなど自分の想像を超える新しいものを生み出すことができました。

 

また、PVに関しては大学時代の友人、また、いつもお世話になっている下北沢ブックエンズコーヒーのオーナーを介して紹介頂いた、NHK朝ドラひよっこなどにも出演の女優の佐々木祐芽さんに出演頂き、さらに下北沢の仲間に多大な協力をいただき、いろんな線が交わって生まれた作品、感慨深いです。

 

東京ゾンビ - 「WATER BATH EXPERIENCE」

 

【アルバムについて】

このアルバムはTHE失恋アルバムなのですが、それに止まらない老いていくことへの不安や取り戻せないものたちへの悲しみが描かれています。

 

"経験の数だけのぼった階段は 今じゃ振り返ることもできなくて"

 

新しい刺激やときめきがなくなってしまうような、薄まってしまうような、そんな悲しみがある時訪れ、消化するために曲をガツンと作り上げました。今までの自分ではダメだ、変わらなければ!その一つに、まずは今までできなかったアルバムを完成させるという作業が次に進む一手として必要だったのです。

中々人とうまく交れなかった10代を過ぎ、仕事や毎日や恋愛に不器用だった20代を過ぎ、まだ見ぬ壁にぶち当たった三十路を走馬灯のように振り返り、今へと導く音楽です。

 

喪失は新しいものや価値を生み出す原動力に。そうやって、大人へと成長してくのでしょう。

ひいては人類はそうやって進化していったのではないかと思います。

 

アルバムは下北沢のゆかりの店、タワーレコードなどで販売しております。

歌詞カードも手にとってお聴きいただけたら幸いです。

 

▼販売情報などは下記にて

東京ゾンビofficial

 

 

JUGEMテーマ:下北沢

JUGEMテーマ:インディーズバンド

JUGEMテーマ:ROCK

JUGEMテーマ:動画

スポンサーサイト
COMMENT